春日井市の楽器販売、音楽教室、各種カルチャースクール
{ROOT_BLOG_NAME}

0568-31-0660 営業時間:月-金曜10〜19時/土曜10~17時
インターネットでのお問合わせ インターネットでのお問合わせ

子どもにピアノを習わす3つのメリット!

幼少期にピアノを習わせることで様々な恩恵が与えられると言われています。特に子供時代の経験は将来に大きく影響を与えます。では実際にどのような効果があるといわれているのでしょうか。

①知能を発達させる

子ども時代は神経系の発達に重要な時期であり、この時期にどのような行動をしたかで子どもの脳の発達具合が変わるとも言われています。ピアノのレッスンには『指を複雑に動かす』『暗記する』『先の展開を考える』といった脳を使う作業がふんだんに盛り込まれており、そのような刺激は脳を発達させるためにとても重要なのです。

②言語能力を発達させる

小学生は音楽教育が語彙の習慣によい影響を与えているとの報告があります。3年以上ピアノ演奏の教育を受けた子どもたちは、学校外でまったく音楽教育を受けてこなかった子どもたちに比べて知っている単語の数が多かったそうです。
音楽と言語は『音』という共通点を持っています。そして子どもたちは言葉を単純な音で認識する事に長けています。それは音楽のリズムやメロディーにも同じことが言えるように、音を認識・識別する能力を鍛えることで、語能力を補助する役目が期待できるというわけです。
幼少期に音楽を聴く経験を積み重ねることで言語を聞き分ける能力が発達し、効果が高いとされています。

③絶対音感が身につく

絶対音感を身に付けるには6歳までに音楽教育を施す必要があるとされています。
絶対音感は狙って覚えるのは至難の業ですし、将来を見越して子供の頃にピアノ等の音楽に触れさせることは有意義なことではないでしょうか。